イベント

【イベントレポート】RICOH THETA meet 東京
2017年04月11日

wacamera
                                                                                                            RICOH THETA meet
              2017年3月25日

第二回 RICOH THETA meet  @Tokyo

2017年3月25日(土)、日差しが暖かく撮影日和な中、東京代々木のレンタルスペースに50名を超えるInstagrammerが集まり360度ぐるりと撮影できてしまう夢のカメラ、RICOH THETAを使ったインスタミートの第2回目が開催されました。

半月ほど前、沢山の人に楽しんでいただけ、大盛況で終わったTHETAミートが満を持して関東で開催!ということで予約時から『楽しみにしています!』と沢山のコメントをもらっていました。

インスタミートとは、Instagramを利用しているユーザーがひとところに集まり撮影をして楽しむ集まりのこと。世界各地でしばしば開催され、多い時には200名に及ぶユーザーが集いその写真はInstagramにシェアされています。オンからオフへと繋がるミートは気の合う仲間を見つけるための大切なコミュニティにもなっています。

今回のミートにはオーガナイザーと呼ばれるInstagrammerが6名いました。@mamotoraman @diggy3625 @johnny777 @smilemalu @ken10720 そして私@wacamera 。

参加者はInstagramで募った50名。年齢も職業も関係なく、新しいことを楽しみたい!という気持ちを持った人たちが集まりました。

初めて使うTHETAたくさんのアイデアが飛び交います

  

   

代々木の会場には事前に株式会社リコーのスタッフ5名とオーガナイザー6名で、100個あまりのヘリウム入り風船を用意。会場自体が既にカラフルだったので、風船によって華やかな空間へ変身。13時からだったにも関わらず12時半頃にはたくさんの参加者が集まって、開場。チームごとに座っていただき交流を深めてもらいました。最初はやや緊張気味だったみなさまも徐々に笑顔が見え始まる前には笑い声も聞こえました。

13時から軽く座学の時間。簡単な挨拶、THETAでできることから始まり、今日はこういうのを撮ってみましょう!とテーマを見ていただき、撮影時間を多くとってもらうため、早々にチームごとに会場を後にします。

オーガナイザー達はなんどもミートをオーガナイズしてきたことのある経験者。初めてこういうミートに参加する方にも安心して楽しんで頂くため、フォローは欠かしません。
さらに各オーガナイザーはその日に行く場所を事前に設定していて、THETAで撮ったら面白いであろう場所をピックアップ。代々木公園、都庁、新宿、渋谷、東京タワーの6ヶ所。
どんな撮影ができるのか、想像もつかない発見があるのか、みんなドキドキです!

渋谷チームは、ひとまず高速の下などで撮影した後、歩いてスクランブル交差点を目指します。
しかしその前に見つけてしまった面白スポット。カラフルな壁。ここをとったらどうなるんだろう?各自、THETAをあちこちに向けながら沢山シャッターを切っていました。スクランブル交差点では思い思いに信号の合間を歩き回り思う存分撮影しました。

東京タワーチームは真っ先に東京タワーを目指します。電車に乗る時間が唯一長いチームだったので電車の中で自己紹介(笑) 現地では、他の観光客の方々を巻き込みながら撮影したり、美味しそうな焼き芋の匂いにつられて食べたりと、自由奔放に撮影。
やはりランドマークである東京タワーが入った写真は東京ならではを感じさせます。

代々木公園チームは、今回唯一の子供参加チーム。5人のお子さんの元気に引っ張られる大人たち。
たくさんのTHETAを並べて見たり、みんながTHETAの上を飛びながら動画を撮って見たりと他のチームとは違う楽しみ方を見つけて撮影しました。
青空が広がる撮影ができるのも公園ならではです。

都庁チームは、近代的なビルが並ぶ場所や、新宿中央公園で木と都庁を組み合わせたり、植え込みにTHETAを入れて見たりとバリエーション豊かに撮影。
都庁前ではみんながアイデアを出して、全員写真を撮ったり、動画にも挑戦しました。普段何気なく歩いているタイルもTHETAにかかればこの通り。

1日の利用者数、世界一の駅、新宿駅付近を巡った新宿チームは、新宿駅そばのタイムススクエア方面へ。

徒歩で現地を目指しながら、皆さんそろぞれ仕事やプライベートの話に花を咲かせました。

撮影でも事前に仲良くなったことが功を制し、全員でジャンプして見たり、人混みでも大きく迷子になることもなく楽しむことができました。

2時間ほどの撮影を楽しんだ後、各チーム再度会場に戻ってきました。
こんなの撮れた!えー!これ面白いー!すごいー!
そんな声が会場に溢れ、他のチームに撮れ高を披露。場所が変われば撮れるものも違うので皆さん他のチームの写真に興味津々。動画面白い!やればよかった!という声も上がっていました。
その後はTHETA+アプリの使い方を説明。こんな風に簡単に編集ができるんですとお伝えすると、わーなるほどー!とみなさん感心した様子。
みなさん、返却前にTHETAからスマホへ画像を落とし込んでいました。

『THETAを持っているけど普段なかなか使いこなせない』
『興味があったけどなかなか手にとって試す機会がなくて』
『こんなに自由に使わせてもらえて本当に楽しかったです!』
『このまま買ってしまいそう!』
と思い思いの感想を口に、みなさん笑顔で帰って行かれました。

私自身が最初にTHETAを手にした時の感動が、まったく同じように皆さんに伝わったようで、開催して本当に良かったと思いました。みなさまのカメラライフの刺激になったのなら幸いです。


ページトップへ