イベント

【イベントレポート】RICOH THETA meet 神戸
2017年12月18日

2017年11月25日 wacamera

第6回 RICOH THETA meet 神戸

2017年11月25日(土)、すっかり秋が通り過ぎてしまった兵庫県神戸市、三ノ宮駅近くのレンタルスペースに40名あまりのInstagrammerが集まり、360度ぐるりと撮影できてしまう夢のカメラ、RICOH THETAを使ったインスタミートの第6回目が開催されました。

Instagramを利用しているユーザーがひとところに集まり撮影をして楽しむ集まりは、世界各地でしばしば開催され、多い時には200名に及ぶユーザーが集いその写真はInstagramにシェアされています。オンからオフへと繋がるミートは気の合う仲間を見つけるための大切なコミュニティにもなっています。その集まりのことをミートと呼んでいます。

今までのTHETA meetでは総勢200名を超える方々に楽しんでいただき、大盛況で終わったTHETAミート大阪、東京、名古屋、札幌、そして前の週に行われた横浜。

今回は再び関西へと舞台を移し、40名を超える参加者の皆様と楽しい時間を共有してきました。

今回のミートはオーガナイザーが4名。
@shinichillout54 @oceaaaan @co0302 そして私@wacamera 。

参加者はInstagram上で募った40名。年齢も、職業も、普段使っているカメラも関係なく、新しい楽しそうなことにアンテナを張っている方々が集まりました。

三ノ宮駅徒歩7分という、街の喧騒を感じさせないレンタルスペースは、神戸のオフィス街にありました。撮影地に選んだ、ハーバーランド、ポートタワー周辺、中華街、東遊園地と、どこへ行くのも便利がよく、移動時間を減らすこともでき撮影に集中することができました。

事前に株式会社リコーのスタッフ4名とオーガナイザー4名で、100個あまりのヘリウム入り風船を用意。事務的で殺風景だった会場が風船によって色鮮やかでワクワクするような空間へ変身。

到着された参加者の皆さまに喜んでいただけると私達も嬉しく、和やかなムードで会場は満員へ。

スタートしてからは軽く座学の時間。簡単な挨拶、THETAでできることから始まり、今日はこういうのを撮ってみましょう!とテーマを見ていただくと、みなさん早く使ってみたくてたまらない様子。会場内でも我れ先にとTHETAのシャッター音があちこちから聞こえてきます。

2時間ある撮影時間ですが、毎回もっと撮りたいー!という声が多いので、なるべくたくさんの時間を使ってもらうため早々に会場を後にしました。

毎回そうですが、オーガナイザー達は何度もミートをオーガナイズしてきたことのある経験者なので初めてミートに参加する方にも安心して楽しんで頂くため、フォローは欠かしません。

さらに各オーガナイザーはその日に行く場所を熟知している地元民!

THETAで撮ったら面白いであろう場所はお任せ下さい!と参加者の方に安心して楽しんでもらえるようシミュレーション済みです。

@shinichillout54 チームはハーバーランド側からメリケンパークのコース。移動距離が他のチームに比べてやや長い為、三宮花時計前より地下鉄でハーバーランド前まで移動しました。

風船を持って電車に乗るなんてなかなかできない経験でみんなそれだけでワクワク。

神戸の名所、神戸港旧信号所(灯台)やモザイク大観覧車を背景にTHETAを囲み、集合写真やぐるぐる回って動画撮影からスタート。

meet中はとにかく沢山撮影してみましょう!と伝えていくと、みなさま積極的にシャッターを切っていました。

撮影方法や編集方法もリアルタイムで共有して、最終的にTHETAアプリで編集する時のイメージを感じてもらいました。

みなさんも出来上がりがどんな風になるのか予想しながら、ここで撮ったら面白いかも?!と楽しそうです。

その後、ポートタワーからBE KOBEオブジェまで行き、最後は皆で風船を飛ばしました。

鮮やかな風船が空を舞う瞬間、全てのシータがシャッターを切りました。

@co0302 チームは神戸の象徴ポートタワーを目指してスタート。

ポートタワーまでの徒歩の間に使い方、撮り方をレクチャーしながらワイワイ向かいました。

途中みんなで集合写真、動画を撮ったりしながら、大人の遠足みたいで楽しい!と参加者の皆さま笑顔になってポートタワーの見える広場で撮影しました。

BE KOBEのオブジェが設置されている人気のスポットでは、皆さんTHETAを取り出して、アイデアを出し合い様々な角度から協力し合いいっぱい撮りました。

ポートタワー、BE KOBE、開港150年の巨大なツリーを背景に写真を撮って最後にチームで風船を飛ばし2時間が終了。

meetの醍醐味『楽しくみんなで撮る』ことを思う存分楽しんでもらえたと思います。

@oceaaaan チームはまず東遊園地で簡単なレクチャーとルートの説明からスタート。

東遊園地には設置途中のルミナリエがあり点灯はしていないものの美しい姿のルミナリエをどうやって撮ったら綺麗に面白くなるのか考えながら撮ったり、紅葉したプラタナスの並木道で撮影したり、様々な場所での自由時間。中には偶然いたスーツの集団にモデル依頼をしたり、参加者同士で撮影を協力し合いをするシーンもあり非常に和やかな雰囲気でした。

そして全員で協力し合い集合写真を撮影。それぞれがアイデアを出し合い積極的に参加し1人1枚はそれぞれのリクエスト構図でおさめることができました。

そのまま中華街に歩いていくと、さすが観光地、たくさんの人で溢れ賑わっていました。なかなか止まって撮影できないため、THETAを掲げ歩きながらmovieを撮ったりして楽しみました。

真ん中の広場・出口にある大きな門の2箇所は人が少なかったので、みんなで工夫しながら門の下で撮影。門は終わってからの加工で「門が曲がって見える!」「下から見る構図が面白い」などみんな楽しそうでした。

そこから徒歩でメリケンパーク手前のカフェFish(大きな魚のオブジェがある)まで移動。そこで写真を撮ると、大きな物がどう写るんだろう?!と皆であーだこーだと楽しみながら撮影。意外にもいい感じにおさまるー!と楽しそう。

そのあとは大きく開けた空と神戸らしいスポット(海やポートタワー)が入る広場に移動して、自由時間に皆それぞれに楽しんで撮影。

最後は港の海際でshinichillout54のチームと一緒に風船リリース。

偶然他チームと合流出来た事で風船の量も多く、動画・静止画共に非常に絵になりました。

2時間ほどの撮影をそれぞれで楽しんだ後、各チーム集合場所に帰還。

最初に集まった時よりぐっと距離が縮まったみなさん、各々撮影したものを見せ合ったり、動画をたくさん撮ってしまった人は転送に忙しくしていました。

そして最高な写真をよりよく加工しちゃいましょう!ということで、簡単なTHETA+アプリの使い方を説明。

こんな風にボタン一つで簡単に編集ができるんですよー!とお伝えすると、みなさんから驚きの声。使ったことのある人たちはうんうん、と頷いていました。

アニメーションについても、自動で画像が回転するのでinstagramでも簡単にみてもらえそう!という声が聞こえました。

最後にはみなさんが『楽しかったでーす!』と言ってくださり、私たちスタッフも大満足なTHETA meetでした。

今回も横浜に引き続き『THETAを持っている方』と『初めて使ってみる方』と参加者を分けて募集し、お持ちの方はスキルアップとTHETAの楽しさを分かち合いたいと、そして初めて使われる方は使ってみたかったけどなかなか手にとって試す機会がなかったという方や、友達に誘われてという方、THETAは知らなかったけど楽しそうだったのでという方、本当に様々な方がいらっしゃいました。

参加者全員が同じカメラで楽しむミートというものはなかなかないので、だからこそ生まれる一体感がより一層THETAの楽しさを高めてくれているのではないかと思います。

そしてTHETAによってこの先のカメラライフがより面白くなることを願っています。


ページトップへ