ニュース

JAXAとリコー、宇宙空間で使用可能な小型全天球カメラを共同開発
2019年08月28日

この度、JAXAとリコーは宇宙空間で使用可能なTHETAを共同開発しました。

「RICOH THETA (シータ)」をベースに、宇宙空間の温度、放射線など、宇宙環境に耐えるための措置を行っています。

 

2019年9月11日に打ち上げ予定の宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機で国際宇宙ステーション(ISS)へ送り届けられ、「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームから360°の全天球静止画・動画を撮影し、地上に送信する予定です。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

リコーニュースリリース

 

今後こちらで映像を配信する予定です。

space.theta360.com


ページトップへ