ニュース

「RICOH THETA Z1」がグッドデザイン賞を受賞
2019年10月02日

このたび、RICOH THETA Z1 が、2019年度グッドデザイン賞を受賞しましたので、お知らせいたします。

 

授賞理由・審査員の評価は、以下のとおりです。

『VR技術が進化・普及する中で、記録デバイスとしての小型全天球カメラの解像度はまだ十分とは言えない。本製品はRICOH THETA商品群のフォルムや操作性を継承しながら、さらなる解像度アップにより再生時の没入感をより高めることを目指した正常進化形である。またAPI/SDKの公開などサードパーティやユーザーを巻き込んだオープンプラットフォームの取り組みも評価したい。』

 

グッドデザイン賞とは

1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

 

【関連リンク】

リコーのデザインに関する受賞歴

リコーのお知らせ

リコーイメージングのお知らせ

 

 


ページトップへ