ニュース

RICOH THETAを活用して社会課題を解決すべく、リコーとコペルニクスが連携!
2021年01月13日

株式会社リコーと一般社団法人コペルニク・ジャパンはこのたび、360度カメラ「RICOH THETA」を活用した社会課題解決への取り組みで連携することをお知らせします。

 

第一弾として、環境汚染や安全でクリーンなエネルギーへのアクセスなど、社会課題に直面する人々の現場をTHETAで撮影し、現場の状況を360度映像で理解できるコンテンツ制作に取り組みます。通常のカメラで撮影した画像では伝えきれない現場の状況を、360度映像で記録することで、どのような状況下でその課題が生じているのかの理解を深めることに寄与します。これらの360度映像コンテンツは、コペルニクが構築するVR for SDGsプラットフォームに掲載し、コペルニクが連携する企業のリサーチ活動や大学などの教育現場で活用されます。

この他に、リコーの新規事業創出プログラム「TRIBUS」とも連携し、リコーグループ社員向けに、コペルニクがTHETAで撮影した360度映像コンテンツを活用しながら、現地の課題を体感し、個人の内発的な動機を引き出し、新規事業アイデアに結び付ける支援を行います。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

リコーニュースリリース

https://jp.ricoh.com/release/2021/0113_1/


ページトップへ