ニュース

日本で販売しているRICOH THETA Z1 51GBでプラグイン開発を検討されている企業様へ
2021年04月28日

総務省において公布された「端末設備等規則及び電気通信主任技術者規則の一部を改正する省令」により「端末設備等規則」の一部改正が2020年4月1日に施行され、IoT機器のセキュリティ基準が変更になりました。

それに伴い、弊社が日本で販売しているRICOH THETA Z1 51GB (シリアルナンバーがYN35から始まる機器)では利用者の操作によっては開発者モードにすることができない設定としています(RICOH THETA プラグインパートナープログラムでの登録ができません)。

 

つきましては、RICOH THETA Z1 51GBでプラグイン開発を検討されている企業様は、以下フォームにて弊社にお申込みください。弊社にて貴社が開発するプラグインの内容を確認させて頂き、パートナープログラムへの登録可否を審査させて頂きます。

 

[申請フォーム URL]

https://webform.ricoh.com/form/pub/e00101/support51gb

 

なお、RICOH THETA Z1 51GBのプラグイン開発に際しては改正された「端末設備等規則」および「電気通信事業法に基づく端末機器の基準認証に関するガイドライン」(ガイドライン等)を遵守して頂く必要がありますのでご留意いただけますようお願いします。

(ガイドラインリンクURL:https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban05_02000209.html

 

*お客様の個人情報は、開発者アカウントの作成、RICOH THETA プラグインパートナープログラムの運営、およびRICOH THETAプラグインストアの運営に使用されます。 詳しくは、RICOH THETAプラグインパートナープログラムのプライバシーポリシー(URL:https://api.ricoh/privacy/theta-plugin/)をご覧ください。

 


ページトップへ