ニュース

RICOH THETA搭載のテレプレゼンスロボットを操作するアプリケーション『AVATAR360 with RICOH THETA』をiPresence合同会社から提供開始
2021年06月23日

株式会社リコーが開発した360°カメラ「RICOH THETA」(以下 THETA)とtemi USA inc.が開発したAI搭載のテレプレゼンスアバターロボット「Temi」を組み合わせたロボット本体を遠隔操作するためのアプリケーション『AVATAR360 with RICOH THETA』を、iPresence合同会社から2021年6月23日より提供開始いたします。

 

『AVATAR360 with RICOH THETA』, THETA, Temiの3つを準備していただくことで、遠隔地にいながら360°を見渡し、テレプレゼンスロボットを操作してコミュニケーションをとる仕組みを整えることができます。

通常ロボット単体では、首振り機能を持ち合わせていない場合、本体の向きを変えない限り、前方向しか見ることができませんが、THETAを搭載することで、ロボットを取り囲む360度の情報も同時に確認することができるようになり、人間が何気なく瞬時に行っている「振り返る」という行為と同等のことができるようになります。これによって、リアルと遠隔操作で差が出やすい周囲の情報収集を、リアルと同程度にできるようになり、現場にいる人と遠隔操作者の間のコミュニケーション障壁を低減することができます。

元々遠隔でのロボット参加は、身体の不自由な方や高齢で移動が難しい方にご利用いただくことがありましたが、感染症の拡大防止が求められるようになり、展示会やイベントへの参加, 会議開催や接客, 観光案内, 建築管理や製造管理などで、直接足を運ぶことが難しくなったことから、今回提供を開始するテレプレゼンスロボットは、そういった場面でより多くの方々にご活用いただけます。

 

『AVATAR360 with RICOH THETA』の開発にあたっては、株式会社リコーが、2021年4月に提供開始した、THETAの映像や音声を安定した接続品質でリアルタイム配信するためのAPI 『RICOH Live Streaming API』が活用されています。

『AVATAR360 with RICOH THETA』の提供開始後は、現場の状況に合わせて、アプリケーションの機能を更に使いやすく改善していく予定です。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

iPresence合同会社 ニュースリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/264120

 

本件に関するお問い合わせ先:

iPresence合同会社    Email: info@ipresence.jp

 

 

 


ページトップへ